Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認

岡三証券グループ傘下のネット専業証券会社である岡三オンライン証券において、顧客の口座が不正アクセスを受けたことがわかった。

同社一部顧客の口座が第三者による不正アクセスを受けたもの。顧客から身に覚えのないパスワードロックがかかっているとの申し出があり、問題が発覚した。

同社によると、2020年9月15日から9月17日にかけて、同社の株取引ツールに対し、特定のIPアドレスからパスワードリスト攻撃が行われており、9月18日15時の時点で208口座でログインされたことが判明している。

口座に保管された資産の売却や出金などの被害は確認されていないという。不正アクセスに用いられたIDやパスワードについては、同社以外で入手されたものとしており、同社経由の情報流出については否定した。

同社サービスのログインに関しては、入力を10回誤るとロックされるしくみ。208口座以外にロックされた口座もあるが、同社は本誌取材に対し、不正アクセスであるか、顧客の入力ミスによるものか判別が難しいとして件数についてはコメントを避けた。

(Security NEXT - 2020/09/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性
認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生