Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を

「Samba」の開発チームによれば、2018年3月にリリースした「同4.8」より安全なログオンチャネルを利用するようデフォルトで設定が追加されており、設定ファイル「smb.conf」に「server schannel = yes」との記載がある場合、同脆弱性の影響を受けないとしている。

ただし、同設定を無効化したり、「auto」に設定されている場合は同脆弱性の影響を受ける。「同4.7」以下に関しても設定の記載がない場合に同様の影響を受ける。

また同脆弱性の影響を調査する実証コード(PoC)が公開されているが、上記設定を行っていても、脆弱であると示される場合があるという。

開発チームでは、脆弱性や実証コードによる誤検知に対処した「同4.10.18」「同4.11.13」「同4.12.7」や旧バージョン向けのパッチをリリース。サードパーティ製ソフトウェアとの互換性を確保するための緩和策などを紹介している。

(Security NEXT - 2020/09/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加