Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意

三井住友銀行や三井住友カードの利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されている。フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

フィッシングメールは、「三井住友銀行」「三井住友カード【重要】」といった件名で出回っており、複数種類の文面を用いて偽サイトへ誘導しようとしていた。

ログイン通知を装うケースでは、でたらめのログイン日時やIPアドレスを記載。あたかも第三者によってログインが行われたかのように見せかけて不安を煽り、HTMLメールのリンクより偽サイトへ誘導しようとしていた。

また不自然な日本語で「支払い情報が変更されたことが判明した」などと説明し、クレジットカードが一時的にロックされているなどとだますメールも出回っている。

いずれも三井住友カードが提供する会員サービス「VpassID」のログインIDやパスワードをはじめ、クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコード、取引金融機関の口座番号下4桁などを窃取しようとしていた。

フィッシングサイトは9月17日の時点で稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「長期間パスワードを変更していない」と変更依頼を装うフィッシングに注意
「三井住友銀行」や「三井住友カード」を装うフィッシング攻撃
クレジットカード「ゆめカード」の利用者を狙ったフィッシング
「PayPay銀行」装うフィッシング - Visaデビット番号を標的に
音楽配信サービス「Spotify」のフィッシング攻撃が発生中
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口