Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明

ウォレットサービス「ドコモ口座」で連携する金融機関の口座から金銭が引き出された問題で、NTTドコモは被害状況を更新した。

被害件数は申告ベースで前日から2件増加し、9月16日0時の時点で145件。被害額の合計は前日比2万円増となる2678万円となった。被害が確認された金融機関は11と変わっていない。

今回あらたに判明した2件のいずれも、同社が新規口座登録を停止した9月10日より以前にチャージが行われていたという。

(Security NEXT - 2020/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社