Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇

MobileIronが提供する複数のモバイルデバイス管理(MDM)製品で明らかとなった既知の脆弱性について、詳細や実証コードが公開された。悪用されるリスクが高まっており、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

問題の脆弱性は、MobileIronが提供するモバイルデバイス管理製品において明らかとなった「CVE-2020-15505」「CVE-2020-15506」「CVE-2020-15507」。

これら脆弱性は「MobileIron Core 10.6」「MobileIron Sentry 9.8」「MobileIron Cloud」、「Enterprise Connector 10.6」「Reporting Database(RDB)」に存在。以前のバージョンも影響を受ける。

リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-15505」や、認証をバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2020-15506」については、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9.8」、「クリティカル(Critical)」と評価されている。

(Security NEXT - 2020/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応