Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会

東松山市社会福祉協議会は、メールアカウントが不正アクセスを受け、不特定多数への迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同協議会によれば、9月3日夜に外部へメール送信ができなくなり、翌4日に委託業者へ調査を依頼したところ、メールアカウントが不正アクセスを受け、不特定多数に対して迷惑メールが送信されていることが判明したもの。

同協議会ではメールアカウントのパスワードを変更するなど対応。9月3日から4日15時までの間に、同協議会から不審なメールを受信した場合は、メールを開かずに削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール
メルアカ2件に不正アクセス、スパムの踏み台に - 徳洲会関連病院
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み