Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会

東松山市社会福祉協議会は、メールアカウントが不正アクセスを受け、不特定多数への迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同協議会によれば、9月3日夜に外部へメール送信ができなくなり、翌4日に委託業者へ調査を依頼したところ、メールアカウントが不正アクセスを受け、不特定多数に対して迷惑メールが送信されていることが判明したもの。

同協議会ではメールアカウントのパスワードを変更するなど対応。9月3日から4日15時までの間に、同協議会から不審なメールを受信した場合は、メールを開かずに削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か