Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告

CISAは、パッチ未適用のシステムは攻撃者にとって魅力的な標的であるとし、ドメイン管理者のアクセス権限を取得されるおそれがあると指摘。「CVE-2020-1472」が悪用された場合に大きな影響を及ぼすおそれがあり、警告を発している。

セキュリティ更新プログラムは、米時間8月11日にマイクロソフトよりリリースされており、同プログラムの適用により、同脆弱性から「Windowsデバイス」と「ドメインコントローラー(DC)」が保護できるとしている。

一方でマイクロソフトのアドバイザリでは、パッチの適用は対応の初期フェーズであり、脆弱性から保護するには、セキュアRPCを適用する必要があると説明。パッチ適用後に「ドメインコントローラー(DC)強制モード」を展開するか、2021年第1四半期に公開予定の更新プログラムを適用するといった追加対策の必要性についても言及しており、注意が必要となる。

記事修正のお知らせ:脆弱性に関する記載について、「Netlogon Remoteプロトコル(MS-NRPC)」の実装に起因することを加筆しました

(Security NEXT - 2020/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ