Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告

CISAは、パッチ未適用のシステムは攻撃者にとって魅力的な標的であるとし、ドメイン管理者のアクセス権限を取得されるおそれがあると指摘。「CVE-2020-1472」が悪用された場合に大きな影響を及ぼすおそれがあり、警告を発している。

セキュリティ更新プログラムは、米時間8月11日にマイクロソフトよりリリースされており、同プログラムの適用により、同脆弱性から「Windowsデバイス」と「ドメインコントローラー(DC)」が保護できるとしている。

一方でマイクロソフトのアドバイザリでは、パッチの適用は対応の初期フェーズであり、脆弱性から保護するには、セキュアRPCを適用する必要があると説明。パッチ適用後に「ドメインコントローラー(DC)強制モード」を展開するか、2021年第1四半期に公開予定の更新プログラムを適用するといった追加対策の必要性についても言及しており、注意が必要となる。

記事修正のお知らせ:脆弱性に関する記載について、「Netlogon Remoteプロトコル(MS-NRPC)」の実装に起因することを加筆しました

(Security NEXT - 2020/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート