Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処

脆弱性の判明を受け、OpenSSLの開発チームは「CVE-2020-1968」として対処。脆弱性の重要度を「低(Low)」とレーティングしている。開発チームでは、「同1.1.1系」は、静的なDH暗号スイートを実装しておらず、「DHシークレット」を再利用しないため、影響を受けないと説明。

「同1.0.2系」については、「OpenSSL 1.0.2u」を最後に2019年12月31日をもってサポートが終了している。プレミアムサポートの契約者に対しては、「OpenSSL 1.0.2w」で暗号スイートをデフォルトではコンパイルに含めない「weak-ssl-ciphers」リストに移動することで対処した。

またマイクロソフトは、9月の月例セキュリティ更新で「CVE-2020-1596」として対応。Mozillaは「CVE-2020-12413」を割り当て、「Firefox 78」で暗号スイート「DH」「DHE」のサポートを中止している。

一方、F5では、「CVE-2020-5929」として対処しており、パッチや緩和策をアナウンスした。「DH鍵交換」を有効化している場合に影響がある。いくつかのF5製品では、正確なタイミングを測定することなく攻撃が可能であるとされており、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2020/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開