Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市

熊本市は、個人情報が記載された要援護者登録者名簿が所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、地区の民生委員に配布していた要援護者登録者名簿と個別避難支援プランを綴じたファイル2件の紛失が判明したもの。

要援護者24人分、緊急連絡先36人分の個人情報が記載されており、氏名や住所、電話番号、身体の状態、認知症の有無、世帯の構成などが含まれる。

民生委員の交代にあたり、名簿は前任者から後任者へ直接引き継ぎ、後任者が報告するしくみだが、引き継ぎの過程で所在不明となった。前任者のひとりは、同市職員に返却したと話しているが、同市福祉課では記録簿を用意しておらず、確認できないという。

同市では関係者に事情の説明を行い、謝罪。同市や熊本市社会福祉協議会では、名簿の引き継ぎについて確認を徹底し、同市福祉課へ返却された場合には記録を残すとしている。

(Security NEXT - 2020/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市