Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市

熊本市は、個人情報が記載された要援護者登録者名簿が所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、地区の民生委員に配布していた要援護者登録者名簿と個別避難支援プランを綴じたファイル2件の紛失が判明したもの。

要援護者24人分、緊急連絡先36人分の個人情報が記載されており、氏名や住所、電話番号、身体の状態、認知症の有無、世帯の構成などが含まれる。

民生委員の交代にあたり、名簿は前任者から後任者へ直接引き継ぎ、後任者が報告するしくみだが、引き継ぎの過程で所在不明となった。前任者のひとりは、同市職員に返却したと話しているが、同市福祉課では記録簿を用意しておらず、確認できないという。

同市では関係者に事情の説明を行い、謝罪。同市や熊本市社会福祉協議会では、名簿の引き継ぎについて確認を徹底し、同市福祉課へ返却された場合には記録を残すとしている。

(Security NEXT - 2020/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市