Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社

韓国の政府機関で日本国内において韓国の農水産物や食文化の紹介など貿易振興活動を行っている韓国農水産食品流通公社は、ウェブサイトが不正アクセスを受け、サーバ内の個人情報などが削除されたことを明らかにした。

同公社によれば、8月24日11時ごろ、同公社日本地域本部の公式サイトが閲覧できない状態であることに気が付き、運営会社が調査したところ、サーバに対する不正アクセスの痕跡を確認。サーバ内の情報が削除されていることが判明した。

サーバ内には、会員の氏名、電話番号、メールアドレス、平文のパスワードなど個人情報が保存されていた。サーバ内の情報が削除されたため、対象となる会員に対して個別に連絡できない状態だという。

同社では、不正アクセスの判明後、サーバを変更し、会員向けのログインページを削除。警察へ相談を行っている。利用者に対しては、同サイトと同じパスワードを他サイトで利用している場合は、変更するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
メルアカ2件に不正アクセス、スパムの踏み台に - 徳洲会関連病院
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
訪日外国人向け入出国ゲートの登録システムに不正アクセス