Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社

韓国の政府機関で日本国内において韓国の農水産物や食文化の紹介など貿易振興活動を行っている韓国農水産食品流通公社は、ウェブサイトが不正アクセスを受け、サーバ内の個人情報などが削除されたことを明らかにした。

同公社によれば、8月24日11時ごろ、同公社日本地域本部の公式サイトが閲覧できない状態であることに気が付き、運営会社が調査したところ、サーバに対する不正アクセスの痕跡を確認。サーバ内の情報が削除されていることが判明した。

サーバ内には、会員の氏名、電話番号、メールアドレス、平文のパスワードなど個人情報が保存されていた。サーバ内の情報が削除されたため、対象となる会員に対して個別に連絡できない状態だという。

同社では、不正アクセスの判明後、サーバを変更し、会員向けのログインページを削除。警察へ相談を行っている。利用者に対しては、同サイトと同じパスワードを他サイトで利用している場合は、変更するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品扱う複数通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
問合フォームが悪用被害、スパム送信の踏み台に - 日本事務器
1年間不使用のメールアカウントに不正アクセス - 人道支援団体
和装店のオンラインショップに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
「LGWAN」移行前の旧メールアカウントに不正アクセス - 葛飾区
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会