Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県

神奈川県は、県立障害者支援施設である中井やまゆり園のウェブサイトに、入所者の個人情報を誤って掲載したことを明らかにした。

同県によれば、7月17日に同園のウェブサイトで公開した「平成31年度(令和元年度)版事業概要」に、当時の入所者に関する個人情報を誤って掲載したという。

医療機関に入院した入所者12人の氏名、性別、年齢、入所していた寮の名称、症状と病名、入院先の医療機関名、入退院日と入院日数などが含まれる。9月3日に外部からメールで指摘があり問題が判明。個人情報を削除した。

同県は、ウェブサイトの掲載におけるチェック体制が不十分だったと説明。対象となる入所者やその家族、後見人に対して事情の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
講演会申込者情報を誤掲載、個人情報入りデータでテスト- 大阪府
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存