Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック

情報処理推進機構(IPA)は、インターネット接続機器の脆弱性対処を促進するため、製品開発者やコンシューマー向けにガイドブックを公開した。同機構のウェブサイトよりダウンロードできる。

同ガイドは、ネットワーク接続機器の脆弱性を理解するにあたり、必要となる情報を取りまとめたもの。製品開発者、一般消費者それぞれに用意している。

「脆弱性対処に向けた製品開発者向けガイド」では、基本的な対策を12項目に絞り、「方針、組織」「設計、開発」「出荷後の対応」と3種類のカテゴリにわけて解説。

難易度ごとに最大3段階の脆弱性対処を提示し、自組織の状況に応じた取り組みを支援。脆弱性への対処状況を利用者へアピールするため、適切な開示方法についても提示している。

一般消費者に対しては、「ネット接続製品の安全な選定ガイド」と「ネット接続製品の安全な利用ガイド」を提供。セキュリティに配慮した製品の選び方や使い方について、わかりやすく取りまとめた。

製品の選定にあたっては、アップデート機能の有無や、セキュリティに関する最新情報の発信状況、問い合わせ先など7項目について確認方法を解説。

購入後の注意点については、「ネット接続製品の安全な利用ガイド」で、パスワードの変更やアップッデートの実施、サポート終了後の対応などを紹介している。

(Security NEXT - 2020/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状