Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 80」、重要度「高」3件含む脆弱性10件を解消

「Firefox」の開発チームは、最新版となる「Firefox 80」をリリースした。CVEベースで10件の脆弱性を解消している。

新版では、「Firefox」をシステムのデフォルトPDFビューアとして利用できるなど機能を強化したほか、バグや脆弱性の修正を行った。脆弱性の重要度は、もっとも高いもので4段階中2番目に高い「高(High)」とされており、もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

重要度が「高」とされる脆弱性は、メモリ破壊が生じる脆弱性「CVE-2020-15670」をはじめ、権限の昇格「CVE-2020-15663」や、ユーザーに拡張機能のインストールを促すことが可能となる「CVE-2020-15664」など3件。

さらに重要度が1段階低い「中(Moderate)」とされる脆弱性3件や、もっとも低い「低(Low)」とされる脆弱性3件を修正した。また延長サポート版である「Firefox ESR 78.2」「Firefox ESR 68.12」についても「高(High)」の脆弱性3件を修正したアップデートを用意している。

「Firefox 80」のアップデートで修正された脆弱性は以下の通り。

CVE-2020-6829
CVE-2020-12400
CVE-2020-12401
CVE-2020-15663
CVE-2020-15664
CVE-2020-15665
CVE-2020-15666
CVE-2020-15667
CVE-2020-15668
CVE-2020-15670

(Security NEXT - 2020/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース