Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 84.0.4147.125」が公開 - 15件のセキュリティ修正を実施

Googleは、「Windows」や「macOS」「Linux」向けに同社ブラウザのセキュリティアップデート「Chrome 84.0.4147.125」をリリースした。

今回のアップデートは、セキュリティに関する15件の修正を実施したもの。CVEベースで14件の脆弱性に対処している。

12件の脆弱性については、重要度が4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングされており、解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」の脆弱性9件をはじめ、ヒープバッファオーバーフロー、UIやインストーラーに関する脆弱性などを修正した。

のこる2件については、1段階低い「中(Medium)」としており、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていなかった。同社は利用者に対し、数日から数週間以内に同バージョンを展開していく。

CVE-2020-6542
CVE-2020-6543
CVE-2020-6544
CVE-2020-6545
CVE-2020-6546
CVE-2020-6547
CVE-2020-6548
CVE-2020-6549
CVE-2020-6550
CVE-2020-6551
CVE-2020-6552
CVE-2020-6553
CVE-2020-6554
CVE-2020-6555

(Security NEXT - 2020/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
SonicWall製アプライアンスに脆弱性 - 2020年の修正不備で
「Microsoft Edge」が脆弱性2件を修正 - Chrome修正で言及なかった脆弱性
WordPress向け「不動産プラグイン」シリーズに脆弱性
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
「EC-CUBE」に2件のXSS脆弱性が判明 - アップデートなど公開
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響