Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J

ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)は、職員のメールアカウントが不正アクセスを受け、同アカウントから関係者へ不正なメールが送信されたことを明らかにした。

同法人によれば、7月23日11時半ごろ、職員のメールアカウントから関係者に対し、BCCを用いて不正にメールが送信されたもの。不正メールにはフィッシングサイトへ誘導する可能性があるURLが記載されていた。

また、同メールアカウントを通じてメールをやり取りをしたことがある関係者1733人分のメールアドレスが外部に流出した可能性があり、同団体では原因や影響範囲など調査を進めている。

同団体では不正メールが送信された関係者に対し、注意喚起を実施。また同メールアカウントへのログイン制御を行うとともに、全職員に対しパスワードの変更を指示している。

(Security NEXT - 2020/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版