Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ

Facebookが、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供しているプラグイン「The Official Facebook Chat Plugin」に脆弱性が明らかとなった。アップデートがリリースされている。

同プラグインは、Facebookのチャット機能を実装し、CMS上よりメッセージの送受信を実現するソフトウェア。

Defiantによれば、「購読者」以上の権限を持つユーザーであれば、脆弱性を悪用することが可能で、特定のFacebook Messengerアカウントに接続することが可能になるという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のスコアは「7.4」。

攻撃者は、脆弱性を悪用することで本来接続するサイトの所有者になりすましてサイトの訪問者とチャットすることが可能となり、ソーシャルエンジニアリングによって情報を窃取するおそれがある。またチャットを乗っ取ることで、営業機会を奪うといった攻撃も想定されると指摘している。

Defiantでは、同脆弱性を6月26日に発見してFacebookへ報告。Facebookでは脆弱性を修正した「同1.6」をリリースした。

(Security NEXT - 2020/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も