Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性

横河電機の制御システム「CENTUM」で動作するアラーム管理ソフト「CAMS for HIS」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同社によれば、「CENTUM CS 3000」や「CENTUM VP」の一部バージョンにリモートから任意の場所にファイルを作成され、任意のコマンドを実行されるおそれがあるパストラバーサルの脆弱性「CVE-2020-5609」が判明したもの。

また認証に問題があり、第三者によって細工したパケットを送信されるおそれがある「CVE-2020-5608」が含まれる。いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「8.1」とレーティングされている。

同社では、周知を目的にJPCERTコーディネーションセンターへ脆弱性を報告。調整を経て脆弱性へ対応したアップデートをリリースした。一部製品は保守期間が終了しており、後継製品へのアップデートを検討するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性を修正
「Citrix Workspace App for Linux」に権限昇格の脆弱性
WordPress向けクイズプラグインに3件の脆弱性
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消