Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス

フエニックス・コンタクトは、産業制御機器などの利用環境向けにルータ製品「FL MGUARD 1100」を8月3日より発売する。

同製品は、製造ネットワークや産業機械、設備、装置など接続する環境において、外部から必要な通信以外のアクセスを遮断するルータ。3段階の設定方法を用意している。

自由にファイアウォールをカスタマイズできる「通常モード」にくわえ、端子をジャンパすることにより、リクエストに対するリプライ以外の通信を遮断する「イージープロテクトモード」を搭載。

また「ファイアウォールアシスタント&テストモード」では、事前に許可すべき通信を実行し、データトラフィックからファイアウォールのルールを自動生成することが可能。テストモードで設定済みのファイアウォールを試験的に動かしながら未設定の接続を記録し、最終的なファイアウォールのルールの確定を補助できるという。

(Security NEXT - 2020/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック