Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス

フエニックス・コンタクトは、産業制御機器などの利用環境向けにルータ製品「FL MGUARD 1100」を8月3日より発売する。

同製品は、製造ネットワークや産業機械、設備、装置など接続する環境において、外部から必要な通信以外のアクセスを遮断するルータ。3段階の設定方法を用意している。

自由にファイアウォールをカスタマイズできる「通常モード」にくわえ、端子をジャンパすることにより、リクエストに対するリプライ以外の通信を遮断する「イージープロテクトモード」を搭載。

また「ファイアウォールアシスタント&テストモード」では、事前に許可すべき通信を実行し、データトラフィックからファイアウォールのルールを自動生成することが可能。テストモードで設定済みのファイアウォールを試験的に動かしながら未設定の接続を記録し、最終的なファイアウォールのルールの確定を補助できるという。

(Security NEXT - 2020/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断