Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省

総務省は、テレワークのセキュリティに関する相談へ対応する無料窓口を開設した。未導入はもちろん、すでに実施済みの組織からの相談にも応じる。

同省では従来よりテレワークの幅広い相談に応じる「テレワークマネージャー相談事業」を展開しているが、テレワークに関するセキュリティ対策について相談を受け付ける専用窓口をあらたに開設、体制を強化した。

同窓口では、企業はもちろん、団体や地方自治体などからの相談にも幅広く対応。導入前だけでなく、すでにテレワークを導入している場合も相談を受け付け、アドバイスを提供する。

同事業はラックへ委託しており、相談は同社ウェブサイトの専用フォームより受け付け、オンライン会議、メール、電話など相談者の希望に応じて対応する。相談費用は無料。実施期間は2021年3月までを予定している。

(Security NEXT - 2020/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
ISMS踏まえてDXセキュ対策の考え方など解説した資料 - JIPDEC
総務省、テレワークの中小企業向けセキュチェックリストを改訂
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映
セキュリティ経営ガイドラインのプラクティス集に改訂版
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開