Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大

愛媛大学の元職員が、在籍中に卒業生の個人情報を議員事務所や後援会事務所に提供していたことがわかった。

同大によれば、理学部の元職員が在職していた2019年6月や同年9月ごろに、同学部で管理していた卒業生名簿のうち104人分の氏名と住所を、議員の事務所や後援会事務所へ紙媒体で提供していたという。

問題発覚後、同大では、両事務所に対して個人情報の廃棄を依頼、廃棄が完了している。元職員は有期契約の研究員ですでに退職済み。就業規則上は懲戒処分を行うことはできないが、同大では今回の問題に対する見解を示すため、7月7日付けで元職員を停職1カ月相当とした。

(Security NEXT - 2020/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
人権救済申立の勧告書に実名、マスキング漏れで - 大阪弁護士会
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
法人パートナー向けサイトでアカウント情報が流出か - パナソニック関連会社
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘