Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大

愛媛大学の元職員が、在籍中に卒業生の個人情報を議員事務所や後援会事務所に提供していたことがわかった。

同大によれば、理学部の元職員が在職していた2019年6月や同年9月ごろに、同学部で管理していた卒業生名簿のうち104人分の氏名と住所を、議員の事務所や後援会事務所へ紙媒体で提供していたという。

問題発覚後、同大では、両事務所に対して個人情報の廃棄を依頼、廃棄が完了している。元職員は有期契約の研究員ですでに退職済み。就業規則上は懲戒処分を行うことはできないが、同大では今回の問題に対する見解を示すため、7月7日付けで元職員を停職1カ月相当とした。

(Security NEXT - 2020/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委