Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS

TISは、一元的にマルチクラウドやセキュリティ対策を管理できる「エンタープライズ・クラウド&セキュリティプラットフォーム」を発表した。

同ソリューションは、マルチクラウド環境の運用とセキュリティ対策を運用できるプラットフォーム。マルチクラウドに対応しており、ルールや仕様が異なる複数のクラウドサービスに対して、オーケストレーションやリポジトリ、クラウド層およびOS層の構成管理を行うことが可能。

またログ管理や監視といった運用管理にくわえて、クラウドにおけるセキュリティ規準やプラットフォームの設計、セキュリティ機能などをプリセットして提供。ID管理や脆弱性診断、セキュリティ対策などを提供する。

価格は、最小構成で税別で500万円から。同社では、2025年までに30社の導入を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2020/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス