Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS

TISは、一元的にマルチクラウドやセキュリティ対策を管理できる「エンタープライズ・クラウド&セキュリティプラットフォーム」を発表した。

同ソリューションは、マルチクラウド環境の運用とセキュリティ対策を運用できるプラットフォーム。マルチクラウドに対応しており、ルールや仕様が異なる複数のクラウドサービスに対して、オーケストレーションやリポジトリ、クラウド層およびOS層の構成管理を行うことが可能。

またログ管理や監視といった運用管理にくわえて、クラウドにおけるセキュリティ規準やプラットフォームの設計、セキュリティ機能などをプリセットして提供。ID管理や脆弱性診断、セキュリティ対策などを提供する。

価格は、最小構成で税別で500万円から。同社では、2025年までに30社の導入を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2020/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本語対応レッドチームサービスを開始 - クラウドストライク
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC