Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開

Citrix Systemsの複数製品に11件の脆弱性が明らかとなった。アップデートがリリースされている。2019年末に深刻な脆弱性が明らかとなっているが、同脆弱性との関連については否定している。

「Citrix ADC(旧NetScaler ADC)」「Citrix Gateway(旧NetScaler Gateway)」「Citrix SD-WAN WANOP」にあわせて11件の脆弱性が明らかとなったもの。製品によって影響は異なるが、コードインジェクションをはじめ、権限の昇格、情報漏洩、認証のバイパス、クロスサイトスクリプティング(XSS)など含まれる。

いずれも悪用は確認されていないという。2019年末に明らかとなり、悪用された「CVE-2019-19781」との技術的な関連性についても否定している。

今回明らかとなった5件については認証なくリモートより悪用が可能とされている一方、VPNクライアントとして構成済みであれば悪用できるサービス拒否の脆弱性以外は、管理インタフェースへアクセスできるといった条件を満たす必要がある。

同社は、脆弱性の悪用に一定の条件が必要となることでリスクが低減されていると強調する一方、提供を開始した修正パッチについて早急に適用することを強く推奨している。

20200709_cs_001.jpg
修正が行われた脆弱性の一覧(表:Citrix)

(Security NEXT - 2020/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ