Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同報メールで一部メアドを宛先に記載 - 大阪府

大阪府は、ものづくり支援課において、中小企業に対してメールを送信した際にミスがあり、メールアドレスが流出したことを公表した。

同府によれば、6月24日13時半ごろ、職員がものづくり支援事業に関連するメールを5社ごとに送信しようとした際、5社のうち1社のメールアドレスを宛先に入力するミスがあり、他4社に対しメールアドレスが表示された状態で送信された。

約10分後に別の5社に対しても再び同じ手順でメールを送信。あわせて個人を特定できる2件のメールアドレスが流出したという。

2回目の送信後に職員が気づき、翌25日に上長へ報告。送信先に対して電話で説明と謝罪を行うとともに、問題のメールについて削除を依頼した。

同府では、外部の複数の宛先へメールを一斉送信する場合に、個別に送信できるシステム「安心一斉送信メール」を用意しており、再発防止に向けて同システムの活用や「ブラインドカーボンコピー(BCC)」を利用する際は、ダブルチェックを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2020/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
講談社主催の女性アイドルオーディションでメアドが流出
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
ウェビナー案内でメール送信ミス - ヘルスケアシステム開発会社
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府