Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース

「Samba」の開発チームは、4件の脆弱性を修正したセキュリティアップデートをリリースした。

開発チームによれば、名前解決に用いる「NetBIOS over TCP/IP」において、ループが生じてサービス拒否に陥るおそれがある「CVE-2020-14303」や、応答の圧縮によってリソースを浪費する「CVE-2020-10745」が明らかとなったもの。いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、最大値10のところ「7.5」とレーティングされている。

また「VLV Active Directory LDAP」において、「属性スコープクエリ(ASQ)コントロール」を組み合わせた際にNULLポインタを参照し、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-10730」が存在。

同じく「VLV Active Directory LDAP」の処理においてグローバルカタログサーバの処理で「Use After Free」が生じる「CVE-2020-10760」が判明した。いずれも「CVSSv3.1」のベーススコアは「6.5」とされている。

開発チームでは、脆弱性を修正した「同4.12.4」「同4.11.11」「同4.10.17」をリリース。あわせて「同4.12.3」「同4.11.10」「同4.10.16」向けに脆弱性を修正するパッチを用意しており、できるだけ早急に対処するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ