Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町

北海道美幌町は、教育委員会の職員に対し、業務に使用する個人情報含むデータを私物のUSBメモリに保存して許可なく持ち出したなどとして減給処分を行った。

同町によれば、同職員は学校給食の還付業務を担当していたが、事務処理を怠り、19件9万6900円分の還付が遅延。また還付業務に使用する個人情報含むデータを私物のUSBメモリに保存し、管理職の許可なく持ち出していたという。

持ち出した個人情報の流出などは確認されていないが、同町では不適切な行為があったとして、同職員に対し6月23日付けで減給とする懲戒処分を実施。住民に対して謝罪し、チェック体制の強化など再発防止を進めるとしている。

(Security NEXT - 2020/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
私的に戸籍情報参照した職員を懲戒処分、刑事告発も - 宇部市
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町