Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町

北海道美幌町は、教育委員会の職員に対し、業務に使用する個人情報含むデータを私物のUSBメモリに保存して許可なく持ち出したなどとして減給処分を行った。

同町によれば、同職員は学校給食の還付業務を担当していたが、事務処理を怠り、19件9万6900円分の還付が遅延。また還付業務に使用する個人情報含むデータを私物のUSBメモリに保存し、管理職の許可なく持ち出していたという。

持ち出した個人情報の流出などは確認されていないが、同町では不適切な行為があったとして、同職員に対し6月23日付けで減給とする懲戒処分を実施。住民に対して謝罪し、チェック体制の強化など再発防止を進めるとしている。

(Security NEXT - 2020/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
保護者連絡先を不正利用、幼稚園元職員を懲戒処分 - 大阪市
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県