Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一般閲覧用の公開資料に個人情報 - 東京都港区

東京都港区は、みなと保健所の窓口や区政資料室で閲覧文書として一般に公開している資料に、個人情報を誤って記載していたことを明らかにした。

同区によれば、みなと保健所が営業許可事務を所管している理容所、美容所、旅館業などの営業施設が記載されている「環境衛生関係施設一覧」に、誤って個人営業者の自宅住所を記載していたもの。

職員が5月15日に作成した4月分の旅館業の新規施設を確認していたところ、1件の旅館において個人営業者の自宅住所が記載されていることを確認した。

みなと保健所では、事務効率化のため4月から新しいシステムを導入しており、資料の作成手順が変更になっていたという。さらにデータの抽出設定に誤りがあったほか、担当者や職員が資料をチェックした際、誤りに気づかず閲覧用として公開していたという。

同区では再発防止策として、個人情報など非公開とすべき情報をあらかじめ自動で削除した資料が作成できるよう、システムの初期設定を変更した。

(Security NEXT - 2020/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社