Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック

ハンモックは、教育機関向けに「MDM」と「ウェブフィルタリング」をパッケージ化した「AssetView GIGA」を8月末より提供開始する。

基本パッケージとして提供する「AssetView MDM for GIGA」は、「Windows10」「Chrome OS」「iOS」に対応したMDMソリューション。端末管理やリモートロック、位置情報の取得、アプリのインストール制限などに対応。さらにウェブフィルタリング機能が利用できる。

またウェブサイトへの閲覧や書き込み制限をはじめ、カテゴリなどによるフィルタリングの設定が可能となる応用パッケージ「AssetView F for GIGA」を用意している。

価格は管理端末1万台の場合、Windows版は管理端末1台につき年額600円から。iOSとChrome版は1台につき年額3700円から。いずれも税抜き。

(Security NEXT - 2020/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
高校でランサム被害、セキュリティ強化するも再発 - 川崎市
教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
IPA、セキュ教育用教材を公開 - 指導者向けeラーニングも
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害