Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開

Adobe Systemsが提供するマーケティングツール「Adobe Experience Manager(AEM)」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

今回のアップデートは、サーバサイドリクエストフォージュリ(SSRF)の脆弱性「CVE-2020-9643」や、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性5件など、影響を受ける脆弱性はバージョンによって異なるが、あわせて6件の脆弱性へ対処したもの。いずれも脆弱性の重要度は3段階中、2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

同社は、脆弱性を修正した「同6.5.5.0」「同6.4.8.1」をリリース。適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安にアップデートを講じるよう求めている。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-9643
CVE-2020-9647
CVE-2020-9648
CVE-2020-9644
CVE-2020-9645
CVE-2020-9651

(Security NEXT - 2020/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性