Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

QNAP製NASの脆弱性狙うランサムウェア「eCh0raix」に注意

QNAP Systems製「NAS」や「Photo Station」に実装されているOS「QTS」を標的としたランサムウェア「eCh0raix」について注意が呼びかけられている。

同マルウェアに関する注意喚起は、2019年7月に続いて2回目。前回注意喚起時にアップデートなど行ったユーザーも再び影響を受けるおそれがある。さらにあらたな脆弱性も公表されており、利用者は注意が必要だ。

同社は2019年11月にセキュリティアドバイザリを公開、リモートより悪用が可能である「CVE-2019-7192」「CVE-2019-7193」「CVE-2019-7194」「CVE-2019-7195」などに対処したことを公表しているが、ランサムウェア「eCh0raix」がこれら脆弱性を悪用していることが明らかとなったもの。

これら脆弱性は、いずれも米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9.8」、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている深刻なものだ。

今回の脆弱性について、JPCERTコーディネーションセンターは、「実証コード(PoC)」をはじめ、すでに詳細が公開されていると指摘。脆弱性の悪用を狙った通信も観測しており、利用者に警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2020/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因