Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学修支援システムで他学生氏名が閲覧可能に - 阪大

大阪大学は、学生向けの学修支援システムにおいて、他学生の個人情報が閲覧できるなど、不具合があったことを公表した。

同大によれば、在学生が利用する学修支援システムにおいて、ログインした在学生が関係ない他在学生や一部卒業生の氏名などを閲覧できる状態だった。

またログイン後に他在学生宛てにメールを送信できる設定となっていた。ただし、メールを送信した場合も、送信者が受信者のメールアドレスを確認することはできないとしている。

同大では不具合を修正。関係者へ謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性