Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学修支援システムで他学生氏名が閲覧可能に - 阪大

大阪大学は、学生向けの学修支援システムにおいて、他学生の個人情報が閲覧できるなど、不具合があったことを公表した。

同大によれば、在学生が利用する学修支援システムにおいて、ログインした在学生が関係ない他在学生や一部卒業生の氏名などを閲覧できる状態だった。

またログイン後に他在学生宛てにメールを送信できる設定となっていた。ただし、メールを送信した場合も、送信者が受信者のメールアドレスを確認することはできないとしている。

同大では不具合を修正。関係者へ謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
ネットスーパーで無関係の顧客情報が表示される不具合 - ヤオコー
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導