Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学修支援システムで他学生氏名が閲覧可能に - 阪大

大阪大学は、学生向けの学修支援システムにおいて、他学生の個人情報が閲覧できるなど、不具合があったことを公表した。

同大によれば、在学生が利用する学修支援システムにおいて、ログインした在学生が関係ない他在学生や一部卒業生の氏名などを閲覧できる状態だった。

またログイン後に他在学生宛てにメールを送信できる設定となっていた。ただし、メールを送信した場合も、送信者が受信者のメールアドレスを確認することはできないとしている。

同大では不具合を修正。関係者へ謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M
都の医療機器産業参入支援事業でメアドが流出 - システムの不具合で
講座マッチングサービスで不具合、メアドを誤表示
チケットセンターで他会員の個人情報を誤表示 - CBCテレビ
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
行政サービスの共通認証「GビズID」で他社個人情報を取得できる不具合
将棋動画配信サービスで不具合、個人情報が流出
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会