Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EOLのマルウェア侵入対策製品がボットネットの標的に

サポート期間が終了したSymantec製のセキュリティウェブゲートウェイ製品を狙う攻撃が、展開されている。

攻撃対象となっているのは、ウェブ経由でマルウェアの侵入などを防ぐ「Symantec Web Gateway 5.0.2.8」および以前のバージョン。2012年にアップデートとなる「同5.0.3」が公開されたほか、製品のサポートそのものも2019年に終了している。

海外のセキュリティ研究者が、脆弱性の詳細を含むレポートを3月26日に公開。直後にはエクスプロイトが公開された。

警察庁では、同脆弱性を狙った攻撃を4月25日に観測。TCP 443番ポートに対する攻撃を中心に、TCP 80番ポートやTCP 8880番ポートを狙ったパケットも観測した。外部より不正なプログラムをダウンロードさせ、実行を試みるものだったという。

また同様の攻撃パケットは、米時間4月24日にPalo Alto Networksでも観測している。同社は、ボットネット「Hoaxcalls」による攻撃だと分析した。

20200608_pa_001.jpg
「Symantec Web Gateway」の既知脆弱性を狙った攻撃の推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2020/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ