Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EOLのマルウェア侵入対策製品がボットネットの標的に

サポート期間が終了したSymantec製のセキュリティウェブゲートウェイ製品を狙う攻撃が、展開されている。

攻撃対象となっているのは、ウェブ経由でマルウェアの侵入などを防ぐ「Symantec Web Gateway 5.0.2.8」および以前のバージョン。2012年にアップデートとなる「同5.0.3」が公開されたほか、製品のサポートそのものも2019年に終了している。

海外のセキュリティ研究者が、脆弱性の詳細を含むレポートを3月26日に公開。直後にはエクスプロイトが公開された。

警察庁では、同脆弱性を狙った攻撃を4月25日に観測。TCP 443番ポートに対する攻撃を中心に、TCP 80番ポートやTCP 8880番ポートを狙ったパケットも観測した。外部より不正なプログラムをダウンロードさせ、実行を試みるものだったという。

また同様の攻撃パケットは、米時間4月24日にPalo Alto Networksでも観測している。同社は、ボットネット「Hoaxcalls」による攻撃だと分析した。

20200608_pa_001.jpg
「Symantec Web Gateway」の既知脆弱性を狙った攻撃の推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2020/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正