Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

里親措置児童や里親の個人情報含む文書を誤送付 - 新潟県

新潟県は、里親措置児童の在籍する学校長宛てに送付した文書について、誤って宛先と別の学校へ送付したことを公表した。

同県によれば、6月1日、新型コロナウイルス感染症対策のため臨時休校期間中に里親が要した経費を算定して支払うため、休校期間を確認する照会文書を、中央児童相談所が里親措置児童の在籍する学校19校に送付。

翌2日、文書を受領した1校から別の学校長宛ての文書が届いたと連絡があり、誤送付が判明した。取り違えた学校に連絡し、宛先が誤っている文書が届いていることを確認。誤送付された文書には、里親に措置している児童3人と里親2人の氏名が含まれる。

同県では、対象となる里親および措置児童の保護者に説明と謝罪をした。誤送付した文書は、1校は破棄を依頼し、1校は職員が回収して外部への漏洩がないことを確認したという。

(Security NEXT - 2020/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存