Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起

メール配信に利用される一部サーバソフトの既知脆弱性が、ロシアのAPTグループ「Sandworm」によって悪用されているとして、米国家安全保障局(NSA)が注意喚起を行った。

問題の脆弱性は、MTA(メール転送エージェント)である「Exim」において2019年6月5日に修正プログラムが公表された「CVE-2019-10149」。容易にリモートよりコマンドを実行されるおそれがある深刻な脆弱性で、公表より数日後には攻撃が確認されている。

米NSAは、同脆弱性をロシア軍参謀本部情報総局であるGRUの主要技術チーム「GTsST」に属し、「Sandworm」「BlackEnergy」「Voodoo Bear」などとして知られるAPT攻撃グループが、少なくとも2019年8月より、同脆弱性を悪用していると主張した。

具体的には、SMTPにおける「MAIL FROM」フィールドに悪意あるコマンドを挿入し、サーバに対して攻撃を展開していたという。

脆弱性の悪用が成功すると、外部からダウンロードされたスクリプトを実行され、特権ユーザーを追加されるほか、セキュリティ対策を無効化されたり、外部からの接続が可能となるよう設定が変更される。さらに追加のスクリプトが実行されるおそれもあるという。

米NSAは、攻撃に用いられたIPアドレスやドメインなどを公開するとともに、「Exim」の利用者に対し、修正版へのアップデートや適切なアクセス制御、侵入検知、改ざんの有無を確認するなど、対策を求めている。

(Security NEXT - 2020/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース