Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に

厚生労働省が運用する「雇用調整助成金」のオンライン受付システムに不具合が発生した。同省ではシステムの公開を中止し、原因などを調べている。

政府では、新型コロナウイルス感染症の影響にともなう特例措置として、「雇用調整助成金」の支給対象事業者や助成率などの拡充を図っており、申請を簡素化する一環として5月20日より「雇用調整助成金等オンライン受付システム」を運営する計画だったが、不具合が発生したもの。

5月20日12時の正式運用開始に向け、準備として9時45分ごろにシステムを外部に公開。申請登録が行える状態にしたところ、申請者が本人以外の名前や電話番号、メールアドレスなどを閲覧できる状態になったという。

同省やハローワークなどへ不具合に関する問い合わせが複数寄せられ、問題が発覚。公開後、システムにはすでに約2000件の登録があり、同省ではシステムの公開を停止して、影響の範囲や詳しい原因について調べている。

(Security NEXT - 2020/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性