Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター

マウスコンピューターは、フィッシング攻撃によって従業員のメールのアカウントが乗っ取られ、顧客や取引先へ同様のフィッシングメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、5月8日17時過ぎに、従業員1人がフィッシングメールよりフィッシングサイトに誘導され、メールアカウントのIDとパスワードを詐取されたという。

その後同アカウントに対して詐取されたパスワードを用いた不正アクセスがあり、同月12日11時過ぎに法人顧客や取引先1220件に対し、同アカウントより同様のフィッシングメールが送信された。受信者から連絡があり、問題が判明した。

今回の問題を受けて同社は同アカウントのパスワードを変更。フィッシングメールの送信先となった関係者へ事情を説明し、問題のメールを削除したり、IDやパスワードを誤って入力しないよう求めた。

また顧客に対して、同社を名乗る不審なメールが届いた場合は、添付ファイルやリンクにアクセスせず、同社まで問い合わせるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
健康器具メーカーのインスタアカが乗っ取り被害 - フィッシングで
NTTドコモ、スミッシング攻撃の踏み台端末に注意喚起 - 7月上旬から
JRA海外駐在員事務所でフィッシング被害 - メールボックスに不正アクセス
職員メルアカに不正アクセス、スパム約3万件が送信される - 北海道大病院
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - TRE HDグループ会社
メルアカに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - JR西日本ホテルズ
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス