Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター

マウスコンピューターは、フィッシング攻撃によって従業員のメールのアカウントが乗っ取られ、顧客や取引先へ同様のフィッシングメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、5月8日17時過ぎに、従業員1人がフィッシングメールよりフィッシングサイトに誘導され、メールアカウントのIDとパスワードを詐取されたという。

その後同アカウントに対して詐取されたパスワードを用いた不正アクセスがあり、同月12日11時過ぎに法人顧客や取引先1220件に対し、同アカウントより同様のフィッシングメールが送信された。受信者から連絡があり、問題が判明した。

今回の問題を受けて同社は同アカウントのパスワードを変更。フィッシングメールの送信先となった関係者へ事情を説明し、問題のメールを削除したり、IDやパスワードを誤って入力しないよう求めた。

また顧客に対して、同社を名乗る不審なメールが届いた場合は、添付ファイルやリンクにアクセスせず、同社まで問い合わせるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出