Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ

アイ・オー・データ機器は、NASを遠隔管理できるサービス「NarSuS」のテスト用サーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。同サーバ上の個人情報が流出した可能性があるが、顧客のNAS内部に保存されているデータの流出については否定している。

同サービスは、イベント情報やステータス情報、統計情報など、NASの稼働状況をリモート環境より一括管理できるクラウドサービス。

同社によれば、「NarSuS」のテスト用サーバが不正アクセスを受けたもので、5月7日に判明した。同サーバには、製品の型番やMACアドレス、シリアルナンバー、メールアドレスなど個人情報が保存されており、流出した可能性があるという。

不正アクセスの判明を受けて、同社では「NarSuS」の公開サーバを停止。影響の範囲など詳細について調査を進めている。停止期間中は遠隔監視ができなくなるほか、テストサーバ内に保存されていた情報が流出した可能性があり、不審なメールに注意するよう利用者へ呼びかけている。

ただし、利用者のNAS内部にあるデータの外部流出や利用者のネットワークに対する不正侵入の可能性については否定。また今回の問題と直接関係ないとしつつも、利用中のNASについて最新のファームウェアを利用するよう利用者に求めている。

(Security NEXT - 2020/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼