Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意図せず会員名簿を公開、検索エンジンにも - 日本視能訓練士協会

日本視能訓練士協会は、本来非公開となっている会員名簿が、インターネット経由で閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同協会によれば、ログインした会員向けに提供していたPDF形式の一部会員名簿がインターネットより閲覧できる状態となっていたもの。4月21日に会員から指摘があり判明した。

特定の検索エンジンに氏名や勤務先などの会員情報が登録され、検索できる状態となっており、「Google」では岡山県の会員155人、「Bing」で東京都の960人、愛知県の365人、岡山県の155人、広島県の107人、愛媛県の44人が登録されていた。

サーバに保管されていた過去1カ月分のログを調査したところ、岡山県と広島県の名簿に関し、検索エンジンで表示対象になった46件のログが確認された。他都県のログはのこっていなかったという。

(Security NEXT - 2020/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に