Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正

Oracleは、「Java SE」の定例パッチをリリースし、CVEベースで15件の脆弱性を修正した。

四半期ごとにリリースする定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を通じて脆弱性を解消したもの。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、CVEベースであわせて15件に対処。いずれもリモートより認証なしに悪用が可能な脆弱性だという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてスコアが「7.0」以上とされる脆弱性は4件含まれる。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 14.0.1」「同11.0.7」「同8u251」「同7u261」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正