Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正

Oracleは、「Java SE」の定例パッチをリリースし、CVEベースで15件の脆弱性を修正した。

四半期ごとにリリースする定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を通じて脆弱性を解消したもの。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、CVEベースであわせて15件に対処。いずれもリモートより認証なしに悪用が可能な脆弱性だという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてスコアが「7.0」以上とされる脆弱性は4件含まれる。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 14.0.1」「同11.0.7」「同8u251」「同7u261」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇