Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ397件の脆弱性を修正

Oracleは、四半期に1度のリリースとなる定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。のべ397件の脆弱性を修正している。

今回のアップデートは、「Oracle Database」や「E-Business Suite」「Enterprise Manager」「Oracle Communications Applications」「Fusion Middleware」「PeopleSoft」「Java SE」「MySQL」のほか、幅広い製品向けに提供されている。CVEベースで重複を除くと299件、各製品あわせてのべ397件の脆弱性を修正している。

今回修正された脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてスコアが「7.0」以上の脆弱性は236件。さらに「9.0」以上とされる脆弱性が59件含まれる。264件に関してはリモートより悪用されるおそれがあるという。

同社では、サポートされているバージョンを確認したうえで、すみやかにアップデートを適用し、脆弱性を修正するよう利用者に対して呼びかけている。次回の定例アップデートは米時間2020年7月14日に公開する予定。

(Security NEXT - 2020/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み