Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

まもなくMS月例パッチ - テレワーク環境での更新に注意

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」をまもなく迎える。

マイクロソフトもその1社だ。同社は4月の月例セキュリティ更新プログラムのリリースを、当初の予定どおり米時間4月14日(日本時間4月15日)に予定している。

新型コロナウイルス感染症の影響で急遽テレワークを導入した企業も少なくない。VPNを利用するケースや、管理端末の増加など、アップデートの実施環境が従来と異なるケースも増えており、マイクロソフトでは、考慮すべきポイントを紹介して、注意を呼びかけている。

具体的には、「Windows Update」「Microsoft Update」「Windows Server Update Service(WSUS)」「Microsoft Intune」など各種サービスにおいて接続先やVPNなどリモート環境を利用している際の注意事項をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2020/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ