Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

まもなくMS月例パッチ - テレワーク環境での更新に注意

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」をまもなく迎える。

マイクロソフトもその1社だ。同社は4月の月例セキュリティ更新プログラムのリリースを、当初の予定どおり米時間4月14日(日本時間4月15日)に予定している。

新型コロナウイルス感染症の影響で急遽テレワークを導入した企業も少なくない。VPNを利用するケースや、管理端末の増加など、アップデートの実施環境が従来と異なるケースも増えており、マイクロソフトでは、考慮すべきポイントを紹介して、注意を呼びかけている。

具体的には、「Windows Update」「Microsoft Update」「Windows Server Update Service(WSUS)」「Microsoft Intune」など各種サービスにおいて接続先やVPNなどリモート環境を利用している際の注意事項をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2020/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ