Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pulse Connect Secure」に複数脆弱性 - 定例外のアドバイザリを公開

VPNや認証、アクセス制御などの機能を提供する「Pulse Connect Secure」「Pulse Policy Secure」に中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が判明した。

これら製品において、ホストチェッカーでポリシーを実施させる機能に、3件の脆弱性「CVE-2020-11580」「CVE-2020-11581」「CVE-2020-11582」が明らかとなったもの。同社は定例外のアドバイザリをリリースし、脆弱性について調査中であることを明らかにした。

エージェントレスで動作するアプレットベースのホストチェッカーに脆弱性は存在。組み合わせて悪用されると中間者攻撃により、リモートでコードを実行されるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」によるベーススコアは、それぞれ「9.1」「8.1」「8.8」。任意のSSL/TLS証明書を受け入れる「CVE-2020-11580」については、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2020/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド
NEC製サーバの監視インタフェースに脆弱性 - 「IPMI over LAN」の利用停止を
NECプラットフォームズ製のIP-PBXサーバに深刻な脆弱性
「SolarWinds Orion」のAPIに認証回避のおそれ