Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pulse Connect Secure」に複数脆弱性 - 定例外のアドバイザリを公開

VPNや認証、アクセス制御などの機能を提供する「Pulse Connect Secure」「Pulse Policy Secure」に中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が判明した。

これら製品において、ホストチェッカーでポリシーを実施させる機能に、3件の脆弱性「CVE-2020-11580」「CVE-2020-11581」「CVE-2020-11582」が明らかとなったもの。同社は定例外のアドバイザリをリリースし、脆弱性について調査中であることを明らかにした。

エージェントレスで動作するアプレットベースのホストチェッカーに脆弱性は存在。組み合わせて悪用されると中間者攻撃により、リモートでコードを実行されるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」によるベーススコアは、それぞれ「9.1」「8.1」「8.8」。任意のSSL/TLS証明書を受け入れる「CVE-2020-11580」については、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2020/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性