Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子契約書サービスに不正アクセス - 利用者情報が流出

イベントの運営やメディア事業、システム開発などを展開するS-Collectionは、同社が運営する電子契約書サービスが不正アクセスを受け、利用者の個人情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、同サービスで利用するサーバが外部より不正に操作されたもので、サーバ内部に保存されていた個人情報が第三者によってダウンロードされたという。

2016年7月24日から2020年3月2日までに同サーバで誓約を結んだ関係者の氏名や住所、電話番号、メールアドレスや、締結途中だった関係者の氏名、メールアドレスが含まれる。

同社では3月3日、データベースの異常を検知。前日2日にアイルランドのIPアドレスを発信元とする不正アクセスを受けていたことが判明した。パスワードを窃取され、不正に操作されたものと見られている。

同社では、3月3日よりサーバを停止しており、警察などに相談するとともに、引き続き調査を進めている。調査が終了次第、結果を報告する予定。

(Security NEXT - 2020/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明