Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性

サーバやネットワーク機器などの統合管理システムであるVertivの「Avocent UMG-4000」に複数の脆弱性が明らかとなった。

「同4.2.1.19」のウェブ管理画面に「コマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2019-9507」や、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2019-9508」「CVE-2019-9509」が明らかとなったもの。

脆弱性によって影響は異なるが、このなかで共通脆弱性評価システム「CVSSv3]のスコアが「7.2」ともっとも高い「CVE-2019-9507」では、「administrator」の権限を持つユーザーがroot権限により任意のコマンドを実行されるおそれがあるという。

Vertivではアップデートを用意しており、セキュリティ機関などからもアップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2020/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で