Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る

人気ゲーム「Pokemon GO」を装ったフィッシング攻撃が確認されているとして、同ゲームを運営するポケモンが注意を呼びかけている。

問題のフィッシング攻撃は、アプリ内課金の請求を装う手口で、メールの差出人として「Appleサポート」を偽装していた。

「購入が完了しました」とのタイトルで送信されており、領収書として同ゲーム内コインが購入されたとの内容を記載。取り引きに身に覚えがない場合は、リンク先から返金処理を行う必要があるなどとして偽サイトへ誘導していた。

同社は、個人情報などを不正に取得することを狙ったフィッシング攻撃で複数報告を受けていると指摘。URLや添付ファイルなどを開封しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る