Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る

人気ゲーム「Pokemon GO」を装ったフィッシング攻撃が確認されているとして、同ゲームを運営するポケモンが注意を呼びかけている。

問題のフィッシング攻撃は、アプリ内課金の請求を装う手口で、メールの差出人として「Appleサポート」を偽装していた。

「購入が完了しました」とのタイトルで送信されており、領収書として同ゲーム内コインが購入されたとの内容を記載。取り引きに身に覚えがない場合は、リンク先から返金処理を行う必要があるなどとして偽サイトへ誘導していた。

同社は、個人情報などを不正に取得することを狙ったフィッシング攻撃で複数報告を受けていると指摘。URLや添付ファイルなどを開封しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「水道料金を払わないと断水する」とだますフィッシング - 被害も発生
「Joshin web」のフィッシングサイトに注意 - 「3Dセキュア」も要求
KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
DMMをかたるフィッシング、本人確認装い偽サイトへ誘導
「メルカリ」装うフィッシングが急増 - なりすましのメルペイ不正取引も発生
「明治安田生命」のポータルサイト装うフィッシング
「ラクマ」をかたるフィッシングサイトメールに注意
警察庁をかたるフィッシングメール - 「情報を保護する」とだます手口
「UCSカード」の利用者狙うフィッシング攻撃 - 利用を制限と不安煽る