Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PayPay」装うフィッシング - 電子署名説明URLでも偽サイト誘導

コード決済サービス「PayPay」を装うフィッシング攻撃が確認された。誤って個人情報など入力しないよう関係機関が注意を呼びかけている。

フィッシング対策協議会によれば、異なる端末から同サービスのアカウントにアクセスが行われたなどと不安を煽り、偽サイトへ誘導して個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されたもの。

アカウントに制限を実施しており、設定を行うことで解除できるなどとだまし、メール本文内のリンクからフィッシングサイトへ誘導。携帯電話番号やパスワードのほか、氏名、生年月日、メールアドレス、住所など個人情報を詐取。クレジットカード情報については、カード番号、有効期限、セキュリティコードにくわえて、3Dセキュアの情報も入力させようとしていた。

また問題のメールでは、正規メールに見せかけるため、電子署名を行っているなどと説明し、電子署名の説明ページへのリンクなども記載されているが、実際は偽サイトへのリンクとなっていた。

問題のフィッシングサイトは、3月24日の時点で稼働が確認されており、同協議会では類似した攻撃とあわせて注意するよう呼びかけている。

20200324_ap_001.jpg
フィッシングメールの文面(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導