Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民からの問い合わせ、別人に回答メールを送信 - 大阪市

大阪市は、住民からの問い合わせに回答する際、誤って別人にメールを送信するミスがあったことを公表した。

同市によれば、市民局NPO法人担当において、3月11日に住民から寄せられた問い合わせに回答した際、誤って別人にメールを送信したもの。メールには問い合わせ内容として送信された意見などが記載されていた。

同日担当者が送信ミスに気付き、対応を進めようとしていたところ、誤送信先から連絡を受けたという。同市では謝罪するとともにメールの削除を依頼。本来回答すべき住民に対して事情を説明し、謝罪するメールを送信した。

同市では、問い合わせに対して回答する際、複数の職員で確認しているが、不十分でミスを防げなかったという。

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県
「一斉送信機能」がメール誤送信の原因に - 諏訪市
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市