Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民からの問い合わせ、別人に回答メールを送信 - 大阪市

大阪市は、住民からの問い合わせに回答する際、誤って別人にメールを送信するミスがあったことを公表した。

同市によれば、市民局NPO法人担当において、3月11日に住民から寄せられた問い合わせに回答した際、誤って別人にメールを送信したもの。メールには問い合わせ内容として送信された意見などが記載されていた。

同日担当者が送信ミスに気付き、対応を進めようとしていたところ、誤送信先から連絡を受けたという。同市では謝罪するとともにメールの削除を依頼。本来回答すべき住民に対して事情を説明し、謝罪するメールを送信した。

同市では、問い合わせに対して回答する際、複数の職員で確認しているが、不十分でミスを防げなかったという。

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
メルマガ本文に別人の個人情報を誤記載 - 名鉄観光バス
イベント応募者情報を誤送信、フォーム設定が未更新で - 東京都建設局
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
採用合格通知1件を誤って17人に送信、別人に送るミスも - Osaka Metro
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明
印刷通販サイトで顧客の個人情報が流出
施設指定管理者、イベント案内メールをCC送信 - 三重県