Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DDR4メモリ」に脆弱性、研究チームが論文 - 攻撃対策を回避

メモリ上のデータを不正に操作する「Rowhammer攻撃」への対策機能を実装した「DDR4メモリモジュール」であっても、同攻撃に対して脆弱であることがわかった。

2年間にわたる研究成果としてアムステルダム自由大学の研究チームが論文を発表したもの。脆弱性には「CVE-2020-10255」が採番されている。ハードウェアにおける問題のため、パッチによる対処は難しいという。

「Rowhammer攻撃」は、本来制御対象ではないメモリセルのビット値を近隣のメモリを操作することで反転させ、侵害する攻撃手法。「DDR3メモリモジュール」などが影響を受ける。

メモリメーカーでは、対策として「TRR(Target Row Refresh)」をそれぞれ独自に実装した「DDR4メモリモジュール」をリリースしているが、実装方法に応じて同機能を回避し、「Rowhammer攻撃」が可能となることが今回明らかとなった。

(Security NEXT - 2020/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を