Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DDR4メモリ」に脆弱性、研究チームが論文 - 攻撃対策を回避

メモリ上のデータを不正に操作する「Rowhammer攻撃」への対策機能を実装した「DDR4メモリモジュール」であっても、同攻撃に対して脆弱であることがわかった。

2年間にわたる研究成果としてアムステルダム自由大学の研究チームが論文を発表したもの。脆弱性には「CVE-2020-10255」が採番されている。ハードウェアにおける問題のため、パッチによる対処は難しいという。

「Rowhammer攻撃」は、本来制御対象ではないメモリセルのビット値を近隣のメモリを操作することで反転させ、侵害する攻撃手法。「DDR3メモリモジュール」などが影響を受ける。

メモリメーカーでは、対策として「TRR(Target Row Refresh)」をそれぞれ独自に実装した「DDR4メモリモジュール」をリリースしているが、実装方法に応じて同機能を回避し、「Rowhammer攻撃」が可能となることが今回明らかとなった。

(Security NEXT - 2020/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開