Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

販売サイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 鎌田醤油

鎌田醤油の業務用販売サイトが外部より不正アクセスを受け、一部顧客情報が流出したことがわかった。

同社によれば、海外から同サイトに対して不正アクセスがあり、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、ユーザーID、ファックス番号、ログインパスワードなど5787件の顧客情報が流出したもの。

1月28日に不正アクセスを把握。翌29日に顧客向けのログイン機能を停止し、調査を進めていた。3月4日に調査が完了し、情報流出の対象となる顧客に対してメールを送付、謝罪している。

またグループ会社の鎌田商事が一般消費者向けの通信販売サイトを運営しているが、異なるシステムで運営されており、今回の不正アクセスによる影響はないとしている。

(Security NEXT - 2020/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版