Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業説明会の中止連絡でメール送信ミス - 兵庫県立大

兵庫県立大学は、合同企業説明会の中止を連絡するメールにおいて送信ミスがあり、学生のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、国内で新型コロナウイルスが感染拡大している状況を受け、合同企業説明会の中止を連絡するメールを2月25日19時半ごろ送信したところ、メールアドレスが流出したもの。

送信対象の学生約4500人を約500人ずつグループにわけてメールを送信したが、宛先にメールアドレスを入力したため、同一グループ内の受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

翌26日に対象となる学生に対し謝罪。問題のメールについて削除するよう依頼している。

通常同大では、学生情報システムの一斉メール送信機能を利用していたが、システム機器の更新にともない同機能が利用できなかったため、手動による送信を行ったところミスが発生したという。

(Security NEXT - 2020/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
「とうきょう認知症ナビ」に医師の自宅住所など誤掲載
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社