Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金

浜松いわた信用金庫は、休眠口座の印鑑届が所在不明になっていることを明らかにした。

同金庫によれば、2019年4月に伝馬町支店において、1971年度から1983年度にかけて休眠預金として管理を開始した口座の印鑑届1191件が、所在不明になっていることが判明したもの。氏名や住所、口座番号、印影などが記載されている。

休眠口座の解約依頼を受け、印鑑届の抽出作業を行った際に紛失が発覚。内部調査を行ったところ、1191件の紛失が判明した。同金庫では、不要書類と一緒に誤って廃棄した可能性があると説明。紛失した書類に関する問い合わせなどは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2020/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク