Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金

浜松いわた信用金庫は、休眠口座の印鑑届が所在不明になっていることを明らかにした。

同金庫によれば、2019年4月に伝馬町支店において、1971年度から1983年度にかけて休眠預金として管理を開始した口座の印鑑届1191件が、所在不明になっていることが判明したもの。氏名や住所、口座番号、印影などが記載されている。

休眠口座の解約依頼を受け、印鑑届の抽出作業を行った際に紛失が発覚。内部調査を行ったところ、1191件の紛失が判明した。同金庫では、不要書類と一緒に誤って廃棄した可能性があると説明。紛失した書類に関する問い合わせなどは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2020/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
ATM取引情報の記録メディアを紛失 - 敦賀信金
預金や出資金の申込書などが所在不明 - 鹿児島相互信金
特例貸付の申請書類など所在不明に - 江戸川区
特別給付金申請書に別世帯の個人情報 - 豊田市
文書センターで約55万件の顧客情報を紛失 - 金沢信金
日能研のウェブサーバに不正アクセス - SQLi攻撃でメルアド流出か
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay