Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金

浜松いわた信用金庫は、休眠口座の印鑑届が所在不明になっていることを明らかにした。

同金庫によれば、2019年4月に伝馬町支店において、1971年度から1983年度にかけて休眠預金として管理を開始した口座の印鑑届1191件が、所在不明になっていることが判明したもの。氏名や住所、口座番号、印影などが記載されている。

休眠口座の解約依頼を受け、印鑑届の抽出作業を行った際に紛失が発覚。内部調査を行ったところ、1191件の紛失が判明した。同金庫では、不要書類と一緒に誤って廃棄した可能性があると説明。紛失した書類に関する問い合わせなどは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2020/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
睡眠預金関連の帳票2692件を紛失、2支店で - 関西みらい銀
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
ランサム暗号化を一部逃れるも流出可能性は否定できず - ダイナムJHD